2018年夏、小正醸造さんが手掛けた新しいお酒がちょっとしたニュースになりました。

老舗焼酎会社の新しい試み。。

それは桜島小ミカンを使ったジンの製造販売Σ(゚Д゚)

桜島小ミカンのジン。。飲んでみたい!!

ジンをそんなに飲むわけではないのですが妙に惹かれたので取り扱いのある酒屋さんを衝動的に訪ねてみました。。

KOMASA GIN(コマサジン)って?

元々、ジンというお酒はジュニパーベリーという植物の実を主原料に、その他の複数のボタニカルを加えた蒸留酒です。

ちなみボタニカルとは、ハーブ・スパイス、果皮などのことで、コリアンダーやオレンジシード、トウモロコシなど、作り手により種類や配合も変わってきます。

KOMASA GIN(コマサジン)ではこのボタニカルを、主原料となるジュニパーベリー以外を極力抑え、桜島小ミカンの風味や味わいを凝縮させた一品に仕上げているとのこと。

KOMASA GIN(コマサジン)の味とおすすめの飲み方

KOMASA GIN(コマサジン)

まずコルクを抜いてみると柑橘の爽やかな香りが広がります。

ストレートでいくと流石に濃厚。ギュギュッと凝縮された重厚感を感じます。ストレートはちょっと苦手かな。。

ただ、ウイスキーの45度とかとは比べ物にならないぐらい飲みやすいのは確か。桜島小ミカンだからといって甘いお酒を期待すると少し足元をすくわれます。

そんな中、私が最もお勧めするのが炭酸割り!

トニックウォーターを使ったジントニックもより爽快感があっていいのですが、炭酸水の方が手軽に手に入れやすいというのもあります(笑)

でもってこの炭酸割り。なにが良いかというと、ストレートやロックより爽快さや香り、風味がパッ!と華やぎます。

このKOMASA GIN(コマサジン)。甘味というのはそこまで強くなく甘さを求める人には物足りないのかもしれませんが、炭酸割りにするとミカンの風味が凄く広がる。。ドライなミカン感とでも言いましょうか。そういったものが口に広がり鼻に突き抜けていくのです!

KOMASA GIN(コマサジン)の在庫を見る

KOMASA GIN(コマサジン)の詳細

KOMASA GIN(コマサジン)

以下、KOMASA GIN(コマサジン)に関する情報です。

種類

ジン

原材料

桜島小みかん(鹿児島県産)、ジュニパーベリー、その他ボタニカル素材

アルコール度数

45度

酒蔵

小正醸造株式会社

住所

鹿児島県鹿児島市卸本町7番5号 ※本社住所

TEL

(0120)014-469

HP

小正醸造株式会社

鹿児島の観光・グルメ・おでかけ情報なら

鹿児島よかもん再発見!

おすすめの記事