前田利右衛門は、揖宿郡山川郷岡児ヶ水(おかちょがみず)の出身といわれており、琉球からサツマイモの苗を薩摩に持ち帰ったと伝えられている人物。のちにそのサツマイモが農民を飢饉から救ったため、甘藷翁もしくは唐薯殿と呼ばれたそうです。

前田利右衛門 評価

前田利右衛門の味とおすすめの飲み方

前田利右衛門は、というより指宿酒造さんの焼酎は一升瓶の裏のラベルにおすすめの飲み方が表記されています。

麹が清酒で使われる黄麹のため、華やかな芋の甘みを感じる薫りが特徴です。直接、一升瓶から嗅いでもムワッ!とした芋臭さはなく、ホワ~ッと、甘いにおいが漂う感じですね。

 

その為、ラベルでもおすすめされているように、飲み方としては、香りが引き立つお湯割りや常温がおすすめされます。

 

ただ、クセの少ない口当たりから、ロックや水割りも悪くはないです。焼酎を嫌う人が嫌がるエグみのようなものもないのでゴクゴクすすんでしまいます(^_^)

しかし、ロックや水割りはお湯割りに比べ香りが抑えられてしまうので、造り手はあまりおすすめしないでしょうね(笑)

毎度のことですが、それぞれ飲み方を試してみて、御自分に合った飲み方が一番という事ですね(笑)

 

今回のおすすめ焼酎「前田利右衛門」の在庫を見る

焼酎データ

  • 酒蔵:指宿酒造
  • 種類:芋焼酎
  • 原材料:黄金千貫、米麹(黄麹)
  • アルコール度数:25度

酒蔵情報

指宿酒造

  • 住所:鹿児島県指宿市池田6173−1
  • 電話番号:0993-26-2277
  • HP:指宿酒造

見学について

  • 事前予約必須。8月下旬~11月末が製造時期。
    見学について専門で部署や設備を設けていない為、対応できない場合あり。
鹿児島の観光・グルメ・おでかけ情報なら

鹿児島よかもん再発見!

おすすめの記事